メリットは特殊物件の探しやすさ

競売物件とは、返済不能や自己破産などにより、裁判所が債務者の不動産を差し押さえられて、販売される物件のことで、一般的には市場価格よりも3割ほど安い価格で購入することができます。

競売物件を購入したい場合は、裁判所が管轄している地域の中から物件を検索し、最低売却価格以上の最高値を入札すれば、落札となり、入札した物件を購入することができます。沖縄02

競売される物件には様々なものがあり、中でも特殊物件を探しやすいと言うメリットがあります。

一般的に不動産は、広告を出して、買主を探します。広告を出すためには、広告費という経費が必要になるので、極端に狭い土地や変形地などは不人気で需要が少ないため購入者がつきにくく、広告を出しても無駄な経費となってしまうことが多々あります。変形地といわれる土地は、一般的な市場には存在していても、市場に情報として出てくることは少ないのです。

しかし、競売の場合、裁判所が不動産物件をお金に換えるという目的の元で行われるので、特殊な不動産の情報が提供されます。
変形地などの土地の形だけではなく、公道に接していない物件や農地、市街化調整区域内の物件など、需要が少なく、不動産市場に出回らない特殊な物件が多くあり、これらは低価格で購入できる可能性があります。

 

コメントは受け付けていません。