競売における期間入札の流れ

競売物件は一般的な不動産物件と比べて価格が安いという魅力があります。競売物件について気になっている方は、購入までの流れを確認しておくといいでしょう。
入札の方法には期日入札と期間入札の二種類がありますが、期日の方は決められた日に入札書を提出するというもので、期間の方は決められた期間内に提出する形になります。競売物件の入札では通常期間内に入札書類を提出して、決められた日に開札が行われます。
裁判所の方から物件の公示が行われますが、これを公告と言います。新聞等でも確認できますが、インターネットで閲覧することも可能です。物件の詳細を確認し、希望の物件があれば入札の準備を行います。裁判所の物件公示では不動産業者が出す広告とは違っている部分がありますから、実際に現地まで足を運んで調査することが大切です。周辺環境等も考慮しながら決めましょう。
入札期間内に入札をしますが、最も高い金額を提示した人が落札するという運びになります。
売却が決定したら落札者に対して代金を納める期限を通知します。代金を納めると物件の所有権を得ることができます。所有権の登記がなされたら引き渡しとなります。ここで引き渡しがスムーズにいかない時は申し立てが可能です。

コメントは受け付けていません。