競売におけるデメリット:購入後の欠陥が保証されない

一戸建てやマンションといったマイホーム物件を購入する時は、一般的に不動産会社に仲介を依頼して売買契約を進める形になります。その際に買主と売主との間で交わす売買契約書には、様々な事柄が記載されています。その一部に瑕疵担保責任という言葉があります。どのようなものかというと、売買した物件に瑕疵が見つかった時に売主側が買主に対して責任を負わなければなりません。普通に見つけられるような瑕疵ではなく、注意をしても発見できなかった瑕疵というのは、実際に住んでみないと分からない部分があります。海01
買主側から売主に対して損害賠償請求を行うことができますが、買主が知ってから一年以内でなければなりません。若干ニュアンスは違いますが、家電製品でいうところの一年保証と考えると分かりやすいでしょう。
このように一般的な不動産取引であれば、買主も安心して購入することができます。
不動産物件を購入する方法として競売物件を検討している方もいらっしゃるでしょう。競売にかけられる物件というのは非常に安く購入できるという魅力があります。しかし、競売で購入した場合は瑕疵が見つかっても損害賠償を請求することはできません。安く手に入った分、瑕疵があっても自分で修繕する気持ちで購入する必要があります。

コメントは受け付けていません。