競売におけるデメリット:引き渡し義務がないこと

マイホームの購入を目指している方は多いですが、ネックになるのは物件の購入価格でしょう。希望のエリアはあっても売買されている住宅の相場が高くて購入に踏み切れないとお悩みの方は少なくないでしょう。
そのような悩みを解消する方法として、通常の不動産業者から紹介されている売買物件ではなく競売物件を購入を検討してみるといいでしょう。競売物件なら一般的に売買されている相場よりも低い価格で購入することが可能です。
価格が安いというメリットがある反面、いくつかのデメリットがあることも事前に押さえておかなくてはなりません。
その一つが競売物件には引き渡し義務がないということです。
競売物件の場合は入札して購入する形になるため、売主が存在しません。売主と買主との間で売買契約が成立すれば速やかに引き渡さなければなりませんが、競売物件の元の所有者は競売されることに納得していないケースが多いでしょう。本来なら退去する必要がありますが、新しい住まいが決まっていなかったり引越し費用が捻出できない等の理由で退去することを拒否する可能性もあるのです。購入した側と元の持ち主との間で話し合いを持つ等、かなりの労力が必要になることも考えられます。

コメントは受け付けていません。