競売にかけられる物件ってどんなもの?

不動産物件を手に入れるためには、不動産業者を通して購入するという通常の方法の他に、競売物件を購入するという方法もあります。この違いについて確認しておきましょう。
不動産物件には}PgžxQ一戸建て住宅や分譲マンション、土地、事務所等さまざまな種類がありますが、新しく建築したり中古物件を購入する際には住宅ローンを組んで毎月返済していくという形が一般的です。返済が滞りなく続いていけば問題ありませんが、長い返済期間中にはローンの返済が困難になることもあります。数ヶ月間全く支払いができない状態になると手放すしかありません。
債権者の方から任意売却を促されることになりますが、売却を拒んだり購入者が現れない場合は競売という形になるのです。
任意売却なら所有者にとってそれ程損にはならない売却価格を設定することができますが、競売になると相場の半値まで下がってしまうこともあります。所有者としては大きな損となりますが、購入する側としては手頃な価格で手に入るため得になります。そのため競売に出ている物件の購入を希望する方が多いのです。
競売の場合は価格が安いという点だけに目が行きがちですが、落札した後のこともしっかり考えておく必要があります。